ご訪問ありがとうございます

読書は効果抜群です!本を読むメリット10選【人生変えたい!】

  • 2020年3月9日
  • BOOK

 

ケンノチュケ

• 読書にはどんな効果があるのか知りたい!

• 読書をすると何が変わるの?

• 読書で成長できる?人生変わる?

ケンノスケ
そんな向上心に溢れた方の疑問にお答えします!
本を読めば頭が良くなる!
成功したいなら本を読め!
テレビやネットで良く耳にしますね。
「それなら自分も!」と思い立って本を読んではいるけど、実際のところ本当に成長しているかどうかなんて自分では分かりづらいものです。
読書がもたらす効果は目に見えるものではないので測ることができません。
そのため、成長を実感することがとても難しいんです。
せっかく自分を成長させるために読書を始めたのに、その効果が分かりづらいとモチベーションが下がってしまうかもしれません。
最悪の場合は、読書をやめてしまうってことも…。

 

それは本当にもったいないので、そうならないためにも読書がもたらす効果は知っておくべき。

なぜなら、効果を知ることで前の自分と何がどう変わったのか、どこが成長したのかを実感しやすくなるからです。

効果を把握しておけば、今までの何となくの成長が確信に変わり、そして自信やモチベーションアップにも繋がります。

 

この記事では読書がもたらす効果を10コご紹介し、それによって期待される自身の変化についても解説します。

そして最後の章では『読書で人生は変わるのか?』についてお伝えします。

 

 この記事を読むと 
• 読書の効果やメリットが理解できる• 読書に対するモチベーションが上がる

• 読書の効果を意識することで成長を実感しやすくなる

• 読書が楽しくなる

• 今すぐ本が読みたくなる

 

といった変化が期待できるのでぜひ最後まで読んでください。

 

読書の効果は最強!本を読むことで得られるメリット10選

この記事で紹介する読書の効果は以下の10コです。

 

1.知識が身につく

2.語彙力が高まる

3.読解力が向上する

4.理解力が高まる

5.思考力が鍛えられる

6.創造力が磨かれる

7.集中力が高まる

8.心が整う

9.価値観が増える

10.物事の見方が変わる

 

何となく想像がつくモノもあれば、意外と思うモノもあるかもしれません。

では1つずつ順に解説していきます。

 

読書の効果1.知識が身につく

 知識とは 
物事の事実的な情報
読書をすると知識が身につきます。言い換えると『知らない』ことを『知る』ということですね。
ケンノスケ
まぁ当たり前ですね!
でも『知る』ということはメチャクチャ尊くて価値のあることなんです!
なぜなら、物事の全ての成功は『知る』ことから始まります。例外なくです。
例えば、人気YouTuberのヒカキンさんは、YouTubeという存在を知ったから、興味を持って始めました。
そして今では日本一のYouTuberとなって、億単位のお金を稼いでいます。
どんな成功者も『知る』ことから始まっています。これが無ければ興味を持つこともなく、始めることもなく、ましてや成功なんてあり得ません。
全ては『知る』から始まっているんです!
読書は『知る』キッカケをたくさん作ってくれます。
なぜなら、本には今まで知り得なかったことがたくさん書いてあるからです。

• 知らなかった『物』

• 知らなかった『言葉』

• 知らなかった『人物』

• 知らなかった『仕事』

• 知らなかった『場所』

• 知らなかった『価値観』

• 知らなかった『生き方』

読書をすることで、あなたがまだ知らない、でも人生を180度変えてしまう何かに出会えるかもしれません。

読書の効果2.語彙力が高まる

 語彙力とは 
言葉や単語をどれだけ知っていて、どれだけ使えるのかという能力

 

分かりやすく言うと言葉のボキャブラリーのことですね。

 

読書をすると語彙力が身につきます。

 

本には、自分では普段あまり使わないような言葉や言い回しがたくさん書かれています。

初めて聞く言葉や聞きなれない言い回しでも、それを読むことで脳は無意識にインプットして、ボキャブラリーに蓄積していきます。

 

語彙が増えると以下の質が圧倒的に高まります。

 

• 会話

• 文章

• 思考

 

なぜならこれらのモノは全て言葉を使って行われるので、語彙が増えることで表現の幅が広がるからです。

 

このように語彙力を高めると、『人とのコミュニケーション』や『自分との対話』、『情報発信』など、あらゆる場面に良い影響をもたらしてくれるのです。

読書の効果3.読解力が向上する

 読解力とは 
文章の意味や内容を理解する能力


読解力を分解すると

• 語彙力

• 漢字の知識

• 文脈の理解度

読書をすると読解力が身につきます。
本を読むという行為は、まさに文章を理解していくこと。
脳の中では、『ウェルニッケ野』と呼ばれる言葉を理解する部分が活性化されます。
そのため、本を読めば読むほどウェルニッケ野が鍛えられ、読解力が向上していくのです。
例えば、子供向けの絵本なんかはとても分かりやすい文章で書かれています。
それは、まだ読解力が低い子供でも読めるように書かれているからです。
そして、小中高と教科書の文章レベルが上がるにつれてだんだんと読解力も上がっていきます。
ケンノスケ

僕たちはそうやって読解力を身につけてきたんです!

そのおかげで今では、たいていの読み物は理解することができますよね!

大人になった今では、分からない言葉や、読めない漢字があったとしても、文脈から意味や読みを導きだすこともできます。
これこそが読解力によるものです。
読解力が向上すると以下の変化が期待できます。

• くみ取る情報の質・量が増える

• 読むスピードが速くなる

• 難しい本が読めるようになる

このように読解力が向上すれば学びの好循環が起こるので成長が加速します。

読書の効果4.理解力が高まる

 理解力とは 
物事の仕組みや状況を判断する能力
 理解とは 
• 物事の仕組みや状況などの意味を論理によって判断しわかること• 納得すること• のみ込むこと
何かとのみ込みが早い人っていますよね?
仕事において上司の指示に対して的確に動けたり、教えたことをすぐに吸収したり。
そういう人はたいてい理解力が高いです。
読書をすると理解力が高まります。
なぜなら、本を読むと得た情報に対して「これはどういうことか?」「どういう意味なのか?」と頭の中で咀嚼します。
そして、噛み砕いた情報をさらに整理して内容を理解していきます。
読書中の脳は常にこういった働きをしているので、物事を理解する力が養われるんです。
理解力が高まるとどんな変化が期待できるのでしょうか。

• 人の言ったことを的確に理解できる

• 状況を的確に判断できる

• 物事を的確に理解できる

 

これは仕事において当たり前に求められることですが、意外とできていない人が多いです。

なので、理解力を高めれば優秀な人材として見られるようになります。

たくさん読書をして理解力を高めていきましょう。

読書の効果5.思考力が鍛えられる

 思考力とは 
物事を考える能力
 思考とは 
• 考えること• 考え

 

読書をすると思考力が鍛えられます。

なぜなら、脳は本を読んで文章の意味を理解すると、それに対してどう思うかを思考するからです。

例えば、本を読むと以下のようなことを思考します。

• それはどういうことなのか?

• 本当にそうなのか?

• 自分ならどうするか?

そして思考することで、得た情報を整理して理解し、知識として定着されていきます。
このように、本を読むとたくさん思考をするので思考力が鍛えられていくのです。
思考力を鍛えることで以下のような効果が期待できます。

• 物事の理解が深まる

• 自分の考えが明確になる

• 問題を解決する力がつく

このように思考力を鍛えると、自分で考えて行動したり問題を解決したりできるようになります。
これはどんな仕事にも必要な能力です。
ケンノスケ
読書で思考力を鍛えてデキる男(女)になりましょう!

読書の効果6.創造力が高まる

 創造力とは 
新しいモノや考え方を生み出す力
創造力は、新しいアイデアを生み出すときや何かをイメージをするときに発揮される能力です。
読書をすると創造力を高めることができます。
本を読んでいると頭の中に情景が浮かんできたり、登場人物の気持ちに共感したりしますよね?
脳は文字情報から、情景や感情をイメージしながら情報を処理しています。
そのため、思考やイメージをつかさどる部位が発達するので、創造力を高めることができるんです。
創造力を高めると以下のような効果があります。

• 良いアイデアを生み出せる

• 人の気持ちがわかる

• 質の高いイメージトレーニングができる

創造力は、仕事だけではなく日常生活においてもなくてはならない能力です。
ケンノスケ
たくさん読書をして創造力を磨き上げていきましょう!

読書の効果7.集中力が高まる

 集中力とは 
1つの物事に注意を集中して取り組む能力
 集中とは 
• 1か所に集めること• 1か所に集まること
読書をすると集中力が身につきます。
なぜなら集中していないと本は読めないからです。
例えば、テレビを見ながら本を読むことは不可能ですよね?両方を同時に理解できる人なんていないはずです。
本の内容や意味を理解するために、脳はあらゆる部位で情報処理を行なわなければなりません。
となると読書のみに集中していないとできないんです。
本を読んでいる途中、別のことを考えてしまい、目で文字は追っているけど頭の中に全然入っていないこともよくありますよね。
そのことに気づき、また読み直す。集中が途切れてはまた集中し直す。
読書はこれを繰り返すため集中力が鍛えられていきます。
集中力が上がると以下のような効果が得られます。

• 仕事のパフォーマンスが向上する

• 勉強がはかどる

• 物事に熱中できる

 

一流のアスリートはよく「ゾーン」に入ると言われています。

ゾーンに入ると圧倒的に高度なレベルのパフォーマンスを発揮することができます。

これはまさに極限まで高まった集中力によるものです。

いつも気が散りがちで集中が続かない方は、読書で集中力を高めましょう。

読書の効果8.心が整う

 心が整うとは 
• 感情をコントロールできる• 常に落ち着いている
いつも穏やかでリラックスしている状態のイメージですね。

読書をすると心が整います。理由は2つあって。

 

1つは、何か1つのことに集中していると、他の余計なことは考えられなくなるので心が整います。

読書をしているときは必ず集中するので、雑念を取っ払うことができます。

 

もう1つの理由は、読書にはストレスを軽減させる効果があります。

本を読むと、非日常的な体験や経験を味わうことができるので、ストレス解消に繋がります。

 

では心が整うとどのような変化が期待できるのでしょうか。

 

• 冷静な判断ができるようになる

• 感情に振り回されない

• 小さな幸せを感じやすくなる

• 気分がいい

• 穏やかに過ごせる

心を整えるには瞑想やマインドフルネスが良いとされていますが、読書にも同じような効果があると言われています。

 

日頃から静かな場所で集中して読書をして心を整えましょう。

 

読書の効果9.価値観が増える

 価値観とは 
• 物事を評価や判断するときの基準• 何に価値があるか・無いかに関する考え方

 

読書をすると価値観が増えます。

なぜなら、本には自分とは全く違う世界(年齢・性別・職業・国・地域)の人の価値観に触れることができるからです。

 

多くの人は無意識に自分と同じような価値観を持った人と付き合うようになります。

家族や友人、職場の同僚など、普段からよく接する人はだいたい似たような価値観を持っているのではないでしょうか?

言い換えれば、いつも一緒にいる人たちによって今の自分の価値観が形成されているとも言えます。

ただそれでは新しい価値観を知ることすらできないので何も変わりません。

 

そこで1番手っ取り早く価値観を学ぶことができるのが読書です。

 

例えば、ホリエモンに会いたいと思ってもそう簡単に会うことなんて出来ませんよね?

会えたとしても経験や考え方なんかをじっくり聞きだすチャンスなんてほぼないでしょう。

でもホリエモンの著書を読めば経験や考え方、価値観をたくさん学ぶことができます。

 

本を読めば、一生会うことのないような人の価値観に触れることができるんです。

 

では価値観が増えることでどんな変化が期待できるのでしょうか?

• 自分を知れる

• 人生の選択肢が増える

• 自分らしく生きれるようになる

• 自分にとって本当に大切なものが分かる

 

たくさんの価値観に触れることは、人生に絶大な影響を与えてくれます。

 

あなたも読書によって人生を変える新しい価値観に出会えるかもしれません。

 

読書の効果10.物事の見方が変わる

 物事の見方が変わるとは 
• 1つの物事をいろんな角度から見ることができる• いろんな立場から物事を考えることができる

 

これは価値観とも似ていますが、読書をすると物事の見方が変わります。

 

なぜなら、いろんな立場の人の考えや経験に触れることができるからです。

 

例えば、経営者が書いた本を読むと、経営者目線でのモノの見方や考え方を知ることができます。

すると、仕事に対しての考え方ややり方、問題の見方が変わってくることは言うまでもありません。

 

では、物事の見方が変わるとどんな変化が期待できるのでしょうか?

• 頭が柔軟になる

• 問題解決方法が浮かびやすくなる

• アイデアが浮かびやすくなる

• チャンスが増える

 

物事をいろんな方向から見れるようになると、新たな発見や気づきが圧倒的に増えます。

たくさん本を読んで、視点のレパートリーを増やしましょう。

読書の効果1〜10をひっくるめると・・・?

人生が変わります!
大事なのでもう一度言います。
読書をすると人生が変わります。
この言葉を知っていますか?
心が変われば行動が変わる。
行動が変われば習慣が変わる。
習慣が変われば人格が変わる。
人格が変われば人生が変わる。
引用:ウィリアム・ジェイムズ(心理学者、哲学者)
とても有名な言葉で、人生論や成功哲学を説くときによく使われます。
ケンノスケ

僕の大好きな言葉です!

そして僕はこれが真理だと思っています!

読書をすると上記の言葉でいうところの『心』の部分が変わります。
 ここで言う心とは 
• 思考• 考え方• 価値観• 物の見方

言い換えると。

行動は価値観や考え方で決まります。

習慣は行動で決まります。

人格は習慣で決まります。

人生は人格で決まります。

となります。
もちろんすぐにすぐ変わるわけではありませんし、そんな簡単なものではありません。
でも少しずつでも確実にいい方向に進んでいくはずです。
では、読書を継続するとどんな変化が期待できるのでしょうか?

• なりたい自分になれる

• 理想の生き方ができる

• 夢が叶う

ちょっと胡散臭いと思われるかもしれませんが、実際に読書で人生が変わったという人は世の中にたくさんいます。
本にはそれだけのチカラがあるんです。
読書は自分や人生を変えるキッカケをたくさん与えてくれます。
たくさん本を読んで、豊かな人生にしましょう。

まとめ〜効果は最強!読書で人生を変えよう!〜

 

読書は良いことだらけです。読まない理由はないですよね。

 

1.知識が身につく

2.語彙力が高まる

3.読解力が向上する

4.理解力が高まる

5.思考力が鍛えられる

6.創造力が磨かれる

7.集中力が高まる

8.心が整う

9.価値観が増える

10.物事の見方が変わる

 

読書の効果をしっかり意識してあなたの成長に役立ててください。

KENNOSUKE TWITTER