ご訪問ありがとうございます

【2021年最新】iPhoneと好相性な1万円以下のワイヤレスイヤホン!厳選10機

「iPhoneユーザーならワイヤレスイヤホンはAirPods」と思いがちですがそんなことはありません。

2、3万円もの大金を払わなくてもiPhoneと相性が良くて品質の良いワイヤレスイヤホンは手に入ります。

 

ただし、AirPods以外となると選択肢が多すぎて選ぶのが本当に大変。

 

そこでこの記事では、数ある中から厳選した1万円以下で買えるiPhoneと相性の良いワイヤレスイヤホンを10機ご紹介します。

≫ 【2021年】iPhoneと相性が良い5,000円以下のワイヤレスイヤホン!おすすめ10選

✔︎ AirPodsは高くてなかなか手が出ない

✔︎ イヤホンにそこまでお金をかけたくない

✔︎ 種類が多すぎてどれがいいか分からない

✔︎ iPhoneと相性が良くてお手頃なワイヤレスイヤホンを探している

✔︎ でも品質もそれなりに良いものがいい

ケンノスケ

なんて思っている方はぜひこの記事を参考にしてみてください!

少しでもあなたのお気に入りの1台を見つけるキッカケになれれば嬉しいです!

 

✔︎ iPhoneと相性が良いとはどういうことか?の解説

✔︎ iPhoneと相性が良い1万円以下の【完全ワイヤレスイヤホン】5機の紹介・比較

✔︎ iPhoneと相性が良い1万円以下の【左右一体型ワイヤレスイヤホン】5機の紹介・比較

 

ケンノスケ

ちなみにこの記事を書いている僕は、ワイヤレスイヤホンにはまっているiPhoneユーザー!

所有するApple製品
・メインはiPhone SE(第2世代)
・音楽用にiPhone SE(第1世代)
・ゲーム・動画はiPad Air2
・ブログ・動画はMacBook Air

所有ワイヤレスイヤホン
・EarFun Free Pro
・EarFun Air Pro
・EarFun Free 2
・SONY WI-C310
・SoundPEATS SONIC
・Anker soundcore Life P2
・1MORE ComfoBuds Pro
・NOBEL FALCON
・SENNHEISER CX 400BT

いつも「iPhoneと相性が良いのか?」という目線でワイヤレスイヤホンを選んでいます!

その知識と経験が少しでも役に立てたら嬉しいです!

 

なお、ご紹介するワイヤレスイヤホンの選定条件は以下のとおり▼

  • 価格が5,000円〜10,000円以下である
  • iPhoneと相性が良いAACコーデックに対応している
  • Bluetooth5.0以上である
  • 信頼と実績のあるメーカー・ブランドである
  • 2019年以降に発売されている
  • レビュー情報が多くて評価が高い

 

なので、どれも自信を持ってオススメできるワイヤレスイヤホンです。

ぜひ参考にしてみてください。

 

もっとたくさん見てみたい方はこちら▼

iPhoneと相性が良いワイヤレスイヤホン!2つのポイント

まずそもそも「iPhoneと相性が良いワイヤレスイヤホン」とはどいういうことなのか?

を簡単に解説します。

 

ポイントは2つ▼

  1. コーデックが「AAC」に対応している
  2. Bluetoothのバージョンに互換性がある

 

順に詳しく説明します。

コーデックが「AAC」に対応している

俗に言う「iPhoneと相性が良い」というのは、コーデックがAACに対応しているかを指しています。

なので、AACコーデックに対応していれば、iPhoneと相性の良いワイヤレイヤホンとなります。

 

コーデックとはBluetoothで音のデータを転送するときの圧縮形式のことで、遅延や音質に影響します。

主な3つのコーデックがこちら▼

コーデック 概要 特徴
SBC ほぼ全てのワイヤレス製品が対応している標準コーデック 遅延を感じる(約0.2秒)
音質は普通
AAC iPhoneで主に対応しているコーデック SBCよりも遅延が少なく高音質(約0.1秒)
aptX Androidで主に対応しているコーデック SBC・AACよりも遅延が少なく高音質(約0.07秒)

※さらに上位のコーデックもありますがここでは割愛します。

受信側と送信側が互いに同じコーデックに対応している必要があります。

iPhoneやiPadが対応している最上位コーデックはAAC。
なので、AACに対応しているワイヤレスイヤホンの方がそうでないイヤホンよりも良い条件で接続ができることになるんです。
iPhoneと相性が良いワイヤレスイヤホン = 「AAC」に対応しているワイヤレスイヤホン
なので、iPhoneで使うワイヤレスイヤホンを選ぶ際はAACコーデック対応のものを選ぶと良いですよ。

Bluetoothのバージョンが「5.0」以上

厳密に言うと「iPhoneとの相性」とは違いますが、Bluetoothのバージョンは「5.0」以上のものが望ましいです。

 

Bluetoothのバージョンで音質への影響はありませんが、遅延やバッテリー持ちに影響します。

 

Bluetoothにはバージョンがあり、数字が大きいほど新しくて機能や性能が良くなります。

Bluetoothのバージョン 概要
Bluetooth1.0 ・一般公開 1999年
Bluetooth2.0 ・データ転送速度が向上
・セキュリティの強化
・電力消費量が減少
Bluetooth3.0 ・最大通信速度が約8倍
・省電力機能の強化
Bluetooth4.0 ・新しい省電力機能の追加
・インターネット接続が可能になる
・通信速度の大幅な改善
Bluetooth5.0 ・通信速度が向上
・接続方向の探知機能を追加
Bluetooth5.2 ・さらなる省電力機能を追加
・複数接続が可能になる

受信側と送信側が互いに同じバージョンに対応している必要があります。

 

つまり、Bluetoothのバージョンが新しいほどバッテリーの持ちが良く、遅延が少なくなるということです。

なので、ワイヤレスイヤホンを選ぶ際はBluetoothのバージョンも気にしてみてくださいね。

 

ケンノスケ

とはいえ、最近のワイヤレスイヤホンはほとんどがバージョン5.0以上に対応しています!

そこまで気にしなくて良いかもしれません!

 

ちなみに、お手持ちのiPhoneのBluetoothバージョンが気になる方は下の一覧表で確認してみてください▼

各iPhoneのBluetoothバージョン一覧
iPhone Bluetoothバージョン
iPhone 12 Pro Max Bluetooth 5.0
iPhone 12 Pro
iPhone 12 mini
iPhone 12
iPhone SE(第2世代)
iPhone 11 Pro Max
iPhone 11 Pro
iPhone 11
iPhone XS Max
iPhone XS
iPhone XR
iPhone X
iPhone 8 Plus
iPhone 8
iPhone 7 Plus Bluetooth 4.2
iPhone 7
iPhone SE
iPhone 6s Plus
iPhone 6s
iPhone 6
iPhone 5s Bluetooth4.0
iPhone 5c
iPhone 5
iPhone 4s
iPhone 4 Bluetooth 2.1 + EDR
iPhone 3GS
iPhone 3G Bluetooth 2.0 + EDR
Bluetooth1.0〜3.0の機器とBluetooth4.0〜5.2の機器とでは接続ができないのでご注意ください!

 

iPhoneと相性が良い1万円以下の【完全ワイヤレスイヤホン】おすすめ5機

以下の条件を満たしている、「完全ワイヤレスイヤホン」タイプのものを6機ご紹介します。

  • 価格が1万円以下である
  • iPhoneと相性が良いAACコーデックに対応している
  • Bluetooth5.0以上である
  • 信頼と実績のあるメーカー・ブランドである
  • 2019年以降に発売されている
  • レビュー情報が多くて評価が高い

 

Anker Soundcore
Life A2 NC

Radius
HP-T60BT

EarFun
Air Pro

ag
TWS03R

EarFun
Free Pro

装着部分 カナル型 カナル型 カナル型 カナル型 カナル型
発売日 2021年1月20日 2021年4月10日 2020年9月17日 2021年1月29日 2020年12月8日
価格 9,990円 8,800円 7,999円 5,980円 5,999円
カラー ■、 ■、 ■、
コーデック SBC、AAC SBC、AAC SBC、AAC SBC、AAC SBC、AAC
Bluetoothバージョン 5.0 5.0 5.0 5.0 5.2
重量 /67g 4/g 6/42g 4/47g 4.1/42g
連続再生時間  通常 7/35h
NC 6/30h
10/30時間  通常 9/32h
NC 7/25h
5/17h 通常 7/32h
NC 6/27
充電端子 USB TypeC USB TypeC USB TypeC Micro USB USB TypeC
防水性能 IPX5 IPX5 IPX5 IPX5
操作 タッチセンサー タッチセンサー タッチセンサー 物理ボタン タッチセンサー
ドライバー 11mm 6mm 10mm ダイナミック型 6.1mm
ワイヤレス充電 ⭕️
ANC ⭕️ ⭕️ ⭕️
外音取込 ⭕️ ⭕️ ⭕️ ⭕️
片耳使用 ⭕️ ⭕️ ⭕️ ⭕️ ⭕️
専用アプリ ⭕️

※価格は執筆時(2021年6月)のものになります。セールや時期によって変動します。

Anker Soundcore(アンカーサウンドコア) Life A2 NC

Anker Soundcore Life A2 NCのスペック
発売日 2021年1月20日
装着部分 カナル型
価格 9,990円
カラー
コーデック SBC、AAC
Bluetoothバージョン 5.0
重量 6/69g
連続再生時間  通常 7/35h
NC 6/30h
充電端子 USB TypeC
防水性能 IPX5
操作 タッチセンサー
ドライバー 11mm
ワイヤレス充電
ANC ⭕️
外音取込 ⭕️
片耳使用 ⭕️
専用アプリ ⭕️

モバイルバッテリーなどの電子機器で有名なAnker(アンカー)のオーディオブランド「Soundcore(サウンドコア)」。

そんなAnker Soundcoreのコスパに特化した『Life』シリーズのANC搭載モデルが『Anker Soundcore Life A2 NC』です。
1万円を切る価格で、ANC・外音取り込み機能・イコライザーアプリ対応など、「これがAnkerや!」と言わんばかりにコスパの良いイヤホンとなっています。

⭕️ 安心・信頼のAnker製品

⭕️ iPhoneと相性が良いAACコーデック

⭕️ 3つのANCモード

⭕️ 外音取り込み機能を搭載

⭕️ バッテリーが長持ち(7/35時間)

⭕️ 十分な防水性能(IPX5)

⭕️ 左右どちらでも片耳使用が可能

⭕️ イコライザーアプリ対応

⭕️ 11mmの大口径ダイナミックドライバー

❌ ワイヤレス充電に非対応

Radius(ラディウス) HP-T60BT

Radius HP-T60BTのスペック
発売日 2021年4月10日
装着部分 カナル型
価格 8,800円
カラー ■、
コーデック SBC、AAC
Bluetoothバージョン 5.0
重量 4/28g
連続再生時間 10/30時間
充電端子 USB TypeC
防水性能 IPX5
操作 物理ボタン
ドライバー 6mm
ワイヤレス充電
ANC
外音取込 ⭕️
片耳使用 ⭕️
専用アプリ

 

Radius(ラディウス)はハイレゾの製品やサービスが有名。

独自のドライバーユニットを開発するなど、音響設計・チューニングへのこだわりが強く、音質に定評のあるオーディオブランドです。

 

そんなRadiusのコンパクトで使いやすさを重視したモデルがHP-T60BT。

片耳4グラムの小さなボディに可愛いカラーデザイン。

耳の小さな女性でも、オシャレに音楽などを楽しめるイヤホンとなっています。

 

⭕️ Radius製の高音質

⭕️ iPhoneと相性が良いAACコーデック

⭕️ 外音取り込み機能を搭載

⭕️ コンパクト設計で軽量(片耳4g)

⭕️ オシャレなカラーデザイン

⭕️ 十分な防水性能(IPX5)

⭕️ 左右どちらでも片耳使用が可能

⭕️ バッテリーが長持ち(10/30時間)

❌ ANC機能がない

❌ ワイヤレス充電に非対応

EarFun(イヤーファン) Air Pro

EarFun Air Proのスペック
発売日 2020年9月17日
装着部分 カナル型
価格 7,999円
カラー ■、
コーデック SBC、AAC
Bluetoothバージョン 5.0
重量 6/42g
連続再生時間 通常 9/32h
NC 7/25h
充電端子 USB TypeC
防水性能 IPX5
操作 タッチセンサー
ドライバー 10mm
ワイヤレス充電
ANC ⭕️
外音取込 ⭕️
片耳使用 ⭕️
専用アプリ

 

EarFun(イヤーファン)は2018年中国/深センに設立された新鋭オーディオメーカー。

まだラインナップは少ないですが、EarFun製品のコスパの良さはAnkerと並ぶほどです。

 

そんなEarFunの最上位モデルがAir Pro。

8,000円以下で高いレベルのANC・外音取り込み性能を発揮し、価格以上の音質を兼ね備えた完全ワイヤレスイヤホンとなっています。

 

⭕️ EarFun製の高コスパ

⭕️ iPhoneと相性が良いAACコーデック

⭕️ ハイレベルなANC搭載

⭕️ 外音取り込み機能を搭載

⭕️ 十分な防水性能(IPX5)

⭕️ 片耳使用可能(左右どちらでもOK)

⭕️ 豊かな音質(10mmの大口径ドライバー)

⭕️ バッテリーが長持ち(ANCモードで7/25h)

❌ ワイヤレス充電に非対応

❌ イヤホンで音量調整ができない

ag(エージー) AG-TWS03R

ag AG-TWS03Rのスペック
発売日 2019年12月16日
装着部分 カナル型
価格 5,980円
カラー ■、
コーデック SBC、AAC
Bluetoothバージョン 5.0
重量 4/47g
連続再生時間 5/17h
充電端子 Micro USB
防水性能
操作 物理ボタン
ドライバー ダイナミック型
ワイヤレス充電
ANC
外音取込
片耳使用 ⭕️
専用アプリ

ag(エージー)はハイエンドオーディオメーカーfinal(ファイナル)が手がけるイヤホンブランド。

finalの技術が詰め込まれた品質と、他にはないデザインとカラーバリエーションでオーディオファンだけでなく女性からも人気を博しています。

 

そんなagのエントリーモデルがAG-TWS03R。

とにかく小さくて可愛いデザイン、そして豊富なカラーバリエーション。

イヤホンとして音楽を楽しみながら、アクセサリーとしてオシャレも楽しめる、そんなイヤホンとなっています。

 

⭕️ final監修の音質

⭕️ iPhoneと相性が良いAACコーデック

⭕️ コンパクト設計で軽量

⭕️ オシャレで可愛いデザイン

⭕️ 豊富なカラーバリエーション

⭕️ 左右どちらでも片耳使用可能

❌ 防水性能がない

❌ バッテリーが短め

❌ 接続端子がMicro USB

EarFun(イヤーファン) Free Pro

EarFun Free Proのスペック
発売日 2020年12月8日
装着部分 カナル型
価格 5,999円
カラー
コーデック SBC、AAC
Bluetoothバージョン 5.2
重量 4.1/42g
連続再生時間 通常 7/32h
NC 6/27h
充電端子 USB TypeC
防水性能 IPX5
操作 タッチセンサー
ドライバー 6.1mm
ワイヤレス充電 ⭕️
ANC ⭕️
外音取込 ⭕️
片耳使用 ⭕️
専用アプリ

 

EarFun Free Proは、「CES2020年イノベーションアワード」を受賞しEarFunの名を世に広めたFreeのProバージョン。

 

6,000円以下という低価格でありながらANC・外音取り込み機能・ワイヤレス充電、さらには低遅延モードといった、嬉しい機能満載なワイヤレスイヤホンとなっています。

 

⭕️ EarFun製のコスパ最強イヤホン

⭕️ iPhoneと相性の良いAACコーデック

⭕️ アクティブノイズキャンセリング搭載

⭕️ 外音取り込み機能搭載

⭕️ 低遅延ゲームモード搭載

⭕️ ワイヤレス充電に対応

⭕️ コンパクト設計で軽量(4.1/42g)

⭕️ イヤーウィング付きで安定の装着感

⭕️ 十分な防水性能(IPX5)

⭕️ 片耳使用可能(左右どちらでもOK)

❌ 特になし

iPhoneと相性が良い10,000円以下の左右一体型ワイヤレスイヤホン5機

以下の条件を満たしている、「左右一体型」タイプのものを6機ご紹介します。

  • 価格が10,000円以下である
  • iPhoneと相性が良いAACコーデックに対応している
  • Bluetooth5.0以上である
  • 信頼と実績のあるメーカー・ブランドである
  • 2019年以降に発売されている
  • レビュー情報が多くて評価が高い

 


Beats by Dr.Dre
Beats Flex

SENNHEISER
CX150BT

SONY
WI-XB400

audio-technica
ATH-CKS660XBT

YAMAHA
EP-E50A
発売日 2020年10月21日 2020年5月28日 2019年10月5日 2020年6月19日 2020年8月7日
装着部分 カナル型 カナル型 カナル型 カナル型 カナル型
価格 5,940円 9,900円 8,690円 7,920円 8,000円
カラー ■、 ■、 ■+、■+ ■、
コーデック SBC、AAC SBC、AAC SBC、AAC SBC、AAC SBC、AAC、aptX
Bluetoothバージョン 非公表 5.0 5.0 5.0 5.0
重量 18.6g 13g 21g 26.5g 35g
連続再生時間 12h 10h 15h 20h 通常 11h
NC 9h
接続端子 USB TypeC USB TypeC USB TypeC USB TypeC USB TypeC
防水性能 IPX4 IPX2
ドライバー 独自ドライバー ダイナミック型 12mm 9.8mm 9mm
ANC ⭕️
外音取込 ⭕️
専用アプリ ⭕️ ⭕️

 

Beats by Dr.Dre(ビーツバイドクタードレー) Beats Flex

Beats by Dr.Dre Beats Flexのスペック
発売日 2020年10月21日
装着部分 カナル型
価格 5,940円
カラー
コーデック SBC、AAC
Bluetoothバージョン 非公表
重量 18.6g
連続再生時間 12h
接続端子 USB TypeC
防水性能 IPX4
ドライバー 独自ドライバー
ANC
外音取込
専用アプリ

Beats by Dr.Dre(ビーツバイドクタードレー)は、Apple社の子会社にあたるイヤホンブランド。

Appleの傘下なだけあってiPhoneと相性の良い製品ばかりです。

 

そんなBeats by Dr.DreのエントリーモデルがBeats Flex。

Apple製のW1チップが組み込まれているので、同じiCloudアカウントで結びついたAppleデバイスとなら、ペアリング操作なしで切り替えることができます。

「iPhoneと相性が良い」という意味ではNo.1なイヤホンとなっています。

 

⭕️ Apple製チップとAACコーデックでiPhoneと相性バツグン

⭕️ 複数のAppleデバイスとシームレスな切り替え

⭕️ バッテリーが長持ち(12時間)

⭕️ 絡みにくいフラットコード

⭕️ オシャレでポップなデザイン

⭕️ 6,000円以下の低価格

❌ 特になし

SENNHEISER(ゼンハイザー) CX150BT

SENNHEISER CX150BT のスペック
発売日 2020年5月28日
装着部分 カナル型
価格 9,900円
カラー ■、
コーデック SBC、AAC
Bluetoothバージョン 5.0
重量 13g
連続再生時間 10h
接続端子 USB TypeC
防水性能
ドライバー ダイナミック型
ANC
外音取込
専用アプリ ⭕️

SENNHEISER(ゼンハイザー)はドイツの老舗オーディオメーカー。

マイクやヘッドホンなど、プロの現場でも使用されるほど高品質な製品を数多く開発しています。

 

そんなゼンハイザーの中ではリーズナブルなモデルがCX150BT。

10,000円以下でゼンハイザーの音が楽しめるお得なワイヤレスイヤホンです。

 

⭕️ ゼンハイザー製の上質な音質

⭕️ iPhoneと相性が良いAACコーデック

⭕️ 専用イコライザーアプリ対応

⭕️ バッテリーが長持ち(10時間)

⭕️ 軽いイヤホン本体(13g)

❌ 防水性能がない

SONY(ソニー) WI-XB400

SONY WI-XB400 のスペック
発売日 2019年10月5日
装着部分 カナル型
価格 8,690円
カラー ■、
コーデック SBC、AAC
Bluetoothバージョン 5.0
重量 21g
連続再生時間 15h
接続端子 USB TypeC
防水性能
ドライバー 12mm
ANC
外音取込
専用アプリ
説明不要の日本が世界に誇るオーディオメーカーSONYです。
WI-XB400は迫力のある重低音を楽しめる「EXTRA BASS」シリーズの左右一体型モデル。
EDMなどが好きな方にオススメのイヤホンです。

⭕️ 安心のSONYの品質

⭕️ 重低音が売りのEXTRA BASSシリーズ

⭕️ iPhoneと相性の良いAACコーデック

⭕️ バッテリーが長持ち(15時間)

❌ 防水性能がない

audio-technica(オーディオテクニカ) ATH-CKS660XBT

audio-technica ATH-CKS660XBT のスペック
2020年6月19日
装着部分 カナル型
価格 7,920円
カラー ■+、■+
コーデック SBC、AAC
Bluetoothバージョン 5.0
重量 26.5g
連続再生時間 20h
接続端子 USB TypeC
防水性能 IPX2
ドライバー 9.8mm
ANC
外音取込
専用アプリ
超有名な日本の老舗オーディオメーカーAudio-Technica(オーディオテクニカ)。
幅広いラインナップで人気のあるブランドです。
そんなオーテクの、強靭な重低音が堪能できる「SOLID BASS」シリーズの上位モデルがAudio-Technica AHT-CKS660XBT。
エントリーモデルAHT-CKS330XBTより大口径のドライバー(9.8mm)を搭載。
より迫力のある音を楽しめるイヤホンとなっています。

⭕️ 重低音が売りのSOLID BASSシリーズ

⭕️ iPhoneと相性の良いAACコーデック

⭕️ バッテリーが長持ち(20時間)

⭕️ 2台を同時に接続できるマルチポイントに対応

⭕️ 低遅延モード搭載

❌ 防水IPX2はあまり期待できないレベル

❌ 他と比べるとやや重め

YAMAHA(ヤマハ) EP-E50A

YAMAHA EP-E50A のスペック
発売日 2020年8月7日
装着部分 カナル型
価格 8,000円
カラー ■、
コーデック SBC、AAC、aptX
Bluetoothバージョン 5.0
重量 35g
連続再生時間 通常 11h
NC 9h
接続端子 USB TypeC
防水性能
ドライバー 9mm
ANC ⭕️
外音取込 ⭕️
専用アプリ ⭕️

 

YAMAHA(ヤマハ)は言わずと知れた日本の楽器・オーディオメーカー。

音量に合わせて音のバランスを調整する「リスニングケア」機能は、YAMAHAのワイヤレスイヤホンの大きな特徴となっています。

 

そんなYAMAHAの左右一体型のANC搭載モデルがEP-E50A。

1万円以下でアクティブノイズキャンセリングと外音取り込み機能を搭載した、高機能でコスパのいいワイヤレスイヤホンとなっています。

 

⭕️ 楽器メーカーYAMAHAのこだわりの音作り

⭕️ iPhoneと相性の良いAACコーデック

⭕️ アクティブノイズキャンセリング搭載

⭕️ 外音取り込み機能搭載

⭕️ 音量に合わせて音を調節(リスニングケア搭載)

⭕️ 専用アプリがある

⭕️ バッテリーが長持ち(11時間)

⭕️ オシャレなカラー・デザイン

❌ 防水に対応していない

❌ ちょっと重い

iPhoneと相性が良い1万円以下のワイヤレスイヤホン まとめ

 

というわけで、iPhoneと相性の良いワイヤレスイヤホンを10機ご紹介しました。

 

もっと他のイヤホンも見てから決めたいという方も、とにかくiPhoneと接続するならAACコーデックに対応しているかをチェックしてくださいね。

そしてお気に入りの1台を見つけてください。

 

≫ 【メーカー別】ワイヤレスイヤホン一覧で比較!31社198機

他のも見たい方にオススメ

世はまさにワイヤレスイヤホン戦国時代。 多くのメーカーやブランドから様々なタイプの製品が発売されています。   この記事では人気・信頼・実績のあるワイヤレスイヤホンメーカーと、その主要な製品を一挙にまとめています[…]

KENNOSUKE TWITTER